治療のご案内

むし歯と歯周病

むし歯も歯周病も早期発見・早期治療が大切といわれますが、私たちは治療が終わった後の管理も重要であると考えております。お口の中には何万もの細菌が住んでおり、気を抜くとすぐにむし歯や歯周病は発生してきます。当院ではまず最初にお口の中を歯周病対策を中心にきれいにしていき、それと同時にむし歯や状態の悪いつめもの・かぶせもの・入れ歯を治し治療が終了したら定期検診という形でアフターケアーを行っていきます。

お子さんの治療

小さい頃に歯医者でつらい経験をされた方は、当然大きな大人になってもトラウマになってしまうと思われます。痛いのは当然、歯医者の臭いや色、音、恐い先生、ありとあらゆる物でも小さなお子さんには脅威となりまります。実は私も小さい頃苦手でした。実際に自分に子供が出来てから、もっと小さな子の目線で、立場で治療してあげらればと思い、緊急性のある場合以外は、お子さん本人が自らの意思で口を開け、治療を乗り越えていこうという気持ちを育てたいなと思っています。
嫌がる場合は初めから削らずに、いろんな練習から始めるようにしています。 治療に連れてこられるお母さん、お父さんは非常に根気が要りますが、お子様の成長は驚くほどで、それがご両親や我々の大きな喜びにもなります。 始めは大泣きしてしまっても諦めないでください。歯科医師、スタッフの顔に慣れてくれば 診察・治療ができるようになることがほとんどです。無理せず、少しずつでも進めていきましょう。

予防歯科

生活習慣や食生活、フッ素の利用状況、磨き方など、いろいろな角度からリスクコントロールを実施します。その上でプロの技術によって隅々まで痛み無く歯の表面を傷つけずに清掃します。 痛くなってから慌てて歯科にくるのではなく、痛くなる前、ひどくなる前から一緒に予防していきませんか? ぎりぎりまで我慢するのは、歯にとって本当によくないことです。

ずっと自分の歯で過ごしたい・・・と思うのならば予防歯科は欠かすことの出来ない大切なことです。

口腔外科

歯科で扱う病気の大部分は虫歯と歯槽膿漏ですが、これら以外にも口の中の病気があります。顎の骨が折れることもありますし、腫瘍ができることもあります。 こういった虫歯や歯槽膿漏以外の口腔の病気を専門としてみるのが、口腔外科です。 抜歯、歯の炎症や外傷の処置、口腔内の疾患の早期発見などを行います。

審美歯科

審美歯科は、バランスの取れた美しい口元を作り出し、自信を持った明るい笑顔へと導きます。ホワイトニング(歯の漂白)やメタルボンド、オールセラミック、ハイブリッドセラミック(歯のかぶせ物)などの最新技術を積極的に取り入れています。

口元に自信がない、コンプレックスを解消したい方などに喜ばれています。

咬み合わせの治療

上の歯と下の歯を合わせるという動作を咬み合わせるといいますが、その位置や動き方は当然、人それぞれ違います。歯並びの問題や顎の関節の問題、くいしばりや歯ぎしり等で歯が割れたり欠けたり様々です。
中にはむし歯でもない歯が咬み合わせによって、眠れないほどの痛みを発したり、冷たいもので異常にしみる(知覚過敏)こともあります。 咬み合わせについても、まずはご相談ください。

麻酔について

歯科医院を嫌いな人の多くが、麻酔が嫌いな方だと思います。そこで当院では、少しでも痛みを和らげるために次のことを行っております。最も細い針を使う、強力な麻酔を使う、麻酔薬をできるだけ体温に近くする、電動麻酔機を使いなるべくゆっくりと薬を注入する、以上のことによりだいぶ痛みが和らげることができます。

根の治療について

歯が痛くて歯の神経を取る、一度神経を取ったはずの歯が痛む。歯科の治療の中でも一番デリケートな治療のひとつされています。 神経は木の枝葉のように歯の中でわかれており、その枝に細菌が入り込むことで痛みが持続したり、腫れたり予後を悪くしてしまいます。しかしながらわれわれ歯科医は細菌を見つける顕微鏡のような目をしているわけではなく、ましてや複雑に入り組んだ神経一本一本を消毒し全ての菌を撃退するということははっきり言って不可能でしょう。 当院では、まず痛みの原因を精査し、神経を安易に取らないような治療を第一に考えます。残念ながら神経を取らなければいけない歯、もしくは一度神経が取られてしまったはについては、できるだけ薬(歯科の独特の臭いはこれです!!)を使わずイオンや高周波を使い診療をしていきます。

入れ歯について

入れ歯で悩んでいらっしゃる方の多くは新しく入れ歯を作っても痛くて噛めなかったり、お口の中で踊ってしまったり、発音がうまくできなかったり、ほっぺたを噛んだり。何だか悪いイメージばかりですが、実際に想像してみてください、買ったばかりの靴を履いていつもより長めに散歩をする、きっと靴ズレをするはずです。お口の中も同じです。歯医者に行き、二回程形を採られ、はい噛んでちょうだいと咬み合わせ。出来上がりました入れ歯は全くお口の中で「慣れ」ていないわけです。まずは今使っている入れ歯をお持ちください。そしてその入れ歯の何が問題なのかを調べお話しながら、より良く噛める状態で慣れた入れ歯を作っていきましょう。

保険治療と自費治療について

現在多くの治療が、保険の適用になってますが特殊な治療、審美目的の治療、予防に関する治療など、保険の使えない治療もあります。詳しくはスタッフまでお尋ねください。なお、自費治療においては見積書なども作成いたしますのでご安心ください。  治療に関して疑問や不安、お悩みがあればいつでもご相談下さい。

保証制度

当院では保険のかぶせもの(つめものは除く)には2年間の保証制度があります。また、自費治療については3〜5年の保証制度があります。保証に関する説明は必ずさせていただきますが御不明な点はいつでもお尋ね下さい。